注目

3/31(金)~ 東京で展示会&ワークショップを開催します

展示会開催のお知らせです!

とてもお値打ちなワークショップも同時開催いたしますので、ぜひお誘いあわせのうえお越しください。

日程:平成29年3月31日(金)~4月2日(日)
場所:アーツ千代田3331
(東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分です)

3月31日(金)14:00~18:00
4月 1日(土)10:00~19:00
4月 2日(日)10:00~18:00

<展示会・相談会>

畳ベッド・ユニット畳の展示・相談会を開催します。
当日は4台展示します。

  • Sタイプ シングル(ウレタン塗装仕上げ)
  • Pタイプ キング(ウォールナット無垢材仕様)
  • Rタイプ(跳ね上げ)
  • その他 1台

<ワークショップ>

  • スツールづくり(丸座 or 一枚板)
  • ひのきのアロマワックスバーづくり

ワークショップは数に限りがありますので、ご予約をお願いします。メールにてご予約受け付けております!

ご希望の方は下記をお知らせください。

  • ご希望日
  • 時間(道具が限られるため、同じ時間にかさならないように調整をさせてください)
    土・日の13時~16時が込み合います
  • 希望商品 1枚板スツール 丸座スツール
  • 人数

メール:info@hida-f.co.jp

↓一枚板スツール
スツール

↓丸座スツール
スツール

↓アロマワックスバー(ほのかなひのきの精油の香りがします。クローゼットなどに入れたり飾ったりできます。)
アロマワックスバー

詳細はこちら

【今日の工場】ナラ無垢材を使用したユニット畳

東京都稲城市のK様より、オリジナルユニット畳のオーダーをいただきました。木材の加工は終わり、塗装をして乾かしています。

こちらのユニット畳は、掘りごたつ式です。

こたつの脚が入るパーツです。
コタツとして使用しない時は、畳を置いてフラットな状態でも使用できます。

畳の下は引き出しの収納になり、こちらの格子がつきます。ナラの無垢材ですので、とても上質な仕上がりになります!

畳表:へりなし ダイケン(灰桜)
塗装:ドイツ・リボス社のクリアオイル
2口コンセントがつきます。

フレームなど見える部分に無垢材を使用し、他は突板や集成材を使用することで強度をつけたり、コストダウンにもなりますのでご相談ください。

【今日の工場】杉の畳ベッド

東京都港区のO様より、杉材を使用した畳ベッドのオーダーをいただきました。

木目を美しく見せ、木の風合いを出すために、浮造り(うづくり)加工を施しています。

浮造り加工とは、こちらの道具で木の表面を削っていくことで、木の質感を出す加工です。年輪には夏目・冬目があり、柔らかい夏目が削れて表面に凹凸がでます。

色が薄い部分が夏目、色が濃い部分が冬目です。

こちらの杉のベッドも、できるだけ節が無く、色目の揃った木材を使用しています。

杉は柔らかい分、温かみのある木ですね。


社長ブログはコチラです↑

【今日の工場】ユニット畳製作中

今週もスタートしましたね!
今日はとても暖かく過ごしやすいです。我が家の薪ストーブの出番も段々と減り、朝晩のみ焚くようになってきました。

さて、今日は大阪府のM様からのご依頼でユニット畳を製作しています。今回は高さが少し高めの55cmで、大型の引き出しが2つ入ります。また、引き出し側と、対面した壁側2面に格子が入ります。

ユニット畳の枠の部分がもう少しで完成します。

木材の研磨中です!
枠が完成しましたら、塗装をしていきます。

木材:タモ集成材
塗装:クリアオイル(リボス社 天然塗料)
畳:ひのき畳
畳表:へりなし

こちらのユニット畳は、お客様ご自身でご要望を絵に描いて送ってくださいました!お見積りは、ホームページやFAX、お電話、メールでもお受けしておりますので、こちらよりお気軽にご相談ください。

【今日の工場】ナラ無垢材を使用したユニット畳

下呂市では、今日も雪がちらついています。積もるほどではないですが、春が待ち遠しくなりますね!

今日は東京都世田谷区のT様からのご依頼で、ユニット畳を製作中です。こちらのユニット畳は、ナラの無垢材を使用しています。

木取りが終わり、外枠などのパーツに穴を開ける加工をしています。

加工途中ですが、コンセント用の穴です。上枠となる幅30cmのナラ材に開けています。幅が30cmあると、TVやキャビネットなどいろいろ置けそうです。

外枠と、引き出しになるパーツです。
引き出しは2つです。2つの引き出しの木目が繋がるようにこれから加工していきます。

木の切断面を見ると、中心部分の色が濃く、樹皮に近い部分は色が薄いことがよくあると思います。我が家のフローリングの杉なんかがまさにそうなのですが、濃い部分を「赤身」、薄い部分を「白太(しらた)」というそうで、家具では一般的に見える部分には白太が出ないようにするそうです。

これは、家具として加工する段階の木材は乾燥していますので、強度や耐朽性の問題ではなく見た目(色の差)の問題だそうです。今回のユニット畳も白太が出ないように職人さんが加工されていました!

木材は、いろいろ知ると奥深くて面白いです。

社長ブログはこちらです

【今日の工場】Pタイプのユニット畳

東京都大田区の I 様からオーダーいただいた、Pタイプユニット畳の製作を開始しました。

Pタイプは基本の仕様ですと、畳とスノコを外して収納することが可能なのですが、I 様はオプションでキャスター付きの引き出しに変更されました。

ユニット畳

工房では、木取りを行っていました。木材を正確な大きさにカットしています!

ユニット畳

まず幅を揃えてから、長さをカットするそうです。

ユニット畳

木材に印を付けてカットするのかと思っていたら・・
今は機械もデジタルなので、そんな事は不要なんですね。
ドイツ製の機械だそうです!

ユニット畳

木材は、丈夫なタモの集成材です。

ユニット畳

Pタイプのユニット畳は、洋室を和室にリフォームをお考えの方にもご好評いただいています!

 

【今日の工場】ネコ用ベッド

愛知県のY様よりペットの猫ちゃん用のベッドをオーダーいただきました!

Y様は年末にSタイプの畳ベッドをご購入いただいており、追加のご注文となります。

木材は、ナラの無垢材。リボス社のクリアオイル塗装をしています。猫ちゃんが舐めても大丈夫です。

今は塗装後、乾かしているところです。
猫ちゃんがこのベッドで寝ている姿を見てみたいです♪

【今日の工場】三角形のユニット畳

今日は先日のブログでご紹介した、世田谷区O様からご依頼の三角形のユニット畳の格子部分を製作しています。

ユニット畳

格子があると、ユニット畳の印象がガラリと変わります!

ユニット畳

先日はまだ上枠もついていませんでしたが、今日は上枠がついています。これから、引き出しやスノコの製作に取り掛かります。

同じ種類の木材でも、木によって扱い方が異なるそうです。

完成が楽しみです!

<2017.3.16更新>
お客様のご自宅へ、無事に納品されました。
素敵なお部屋ですので、ぜひこちらもご覧ください。

社長ブログはこちらです

【今日の工場】Qタイプの畳ベッド

あっという間に2月も最終日ですね。

今日は、愛知県のW様からオーダーいただいたQタイプの畳ベッドの塗装の様子をご紹介します。

Qタイプは収納なしのシンプルなベッドで、ヘッドあり・ヘッドなしをお選びいただけます。今回W様からはヘッドなしのベッドを2台ご注文いただきました。

木材の加工が終わり、オイル塗装中です。

タモの集成材に、チーク色を塗装しています。木目が際立ち、とても素敵なお色です!

ドイツ・リボス社の自然塗料を使用しています。

ヘッドとフット部分のパーツです。丸一日ほど乾かして組み立て、スノコ・畳表を入れてチェックしてからお客様のもとへ納品となります。


3/31~4/2に東京で展示会・ワークショップを行います!
詳しくは、こちら

【今日の工場】キャビネット・三角のユニット畳

今日の下呂市は快晴です!明日も天気が良いようなので、嬉しいです。

まずはキャビネットをご紹介します。高山市のT様からのご依頼で、引き違いの障子のある棚を製作しています。

木材はタモの集成材なのですが、格子の部分のみ無垢を使用して製作します。格子は細いので、集成材ですとどうしても折れたりしやすくなってしまうためです。

つづいて、ユニット畳をご紹介。

東京都世田谷区のO様からのご依頼です。お部屋の間取りに合わせた三角形のユニット畳です。キャスター付きの引き出しが大小合わせて2つ入ります。

これから上枠などを製作していきます。形が三角ですので、留め加工が必要となり隙間なくピッタリにしないといけませんので、高度な技術が必要だそうです!

木材はタモの集成材、ローズウッド色のオイル塗装をします。畳表は、へりなしのイグサです。

社長ブログはこちらです↑