畳ベッド

健康ひのき畳のユニット畳・畳ベッド
そのフレームに使われる材料や
塗料なども気になるところ
健康畳の畳ベッド・ユニット畳の材料や塗料
組立方法などをご説明いたします

MENU
畳ベッドのフレーム材、塗料、組立

畳ベッドのフレーム材、塗料、組立

畳ベッド・ユニット畳のフレームやスノコは、どんな木で作っているの?どんな塗料で塗装されているの?組立は簡単?などについてご説明いたします。

畳ベッドの塗料、塗装

畳ベッド・ユニット畳の自然塗料は10年以上前から使用しています。
長年使っていることもあり、当初は1種類でしたが、現在は各素材に適した塗料を使い分けて木材の質感を大切にしています。自然塗料と言っても実は、たくさんのメーカーや種類があります。その中で最良の塗料を選択して皆様にお届けしています。

よく使用する塗料

クノス
リボス社自然塗料 クノス
ウォールナット材
ほのかなツヤがあるため、ウォールナット材の良さが引き立ちます。下地にはアルドボスを塗装します。アルドボスをしっかり浸透させてからクノスで仕上げることで、撥水性・耐久性がさらに増し、メンテナンスもしやすくなります。
アルドボス
(クリア色)
リボス社自然塗料 アルドボス
タモ集成材・オーク材・チェリー材・スギ材
汗・唾液に対する色彩堅牢性についてのドイツ工業規格(DIN 53 160)に適合。 幼児用木材玩具としての安全規格(DIN EN 71 Part3)に適合。
タヤエクステリア
リボス社自然塗料 タヤエクステリア
タモ集成材・オーク材の着色
顔料は岩石などから採取された天然の着色です。
有機栽培の亜麻仁油が木材を保護し、天然顔料を多く配合していますので、紫外線カット効果と防水性が優れています。
グレイボ
(蜜ロウ)
リボス社自然塗料 グレイボ(蜜ロウ)
メープル材・ブナ材・ひのき材・ひのき集成材
白木の材料に使用することにより本来の木の色のままお届けできます。液体の純度の高い蜜蝋を主成分とした蜜蝋ワックスです。快い香りでシルクのような光沢が出て、静電気を防止するので防塵効果があります。

クリア自然塗料(畳ベッドA・B・C・E・Pタイプ・ヒノドコ)

標準の塗装はクリア塗装(リボス社)となります。欧米では、広く一般的に使われている自然塗料です。厳しいEU規格にも認定され、安全な塗料です。
F★★★★

ドイツのリボス社へ行ってきました。

リボス社の工場1 リボス社の工場2 リボス社の工場3 リボス社の工場4

森の中にあるとても素敵な工場です。実際にリボス社の塗料を使った保育園や住宅を見学し、安全性へのこだわりはとても素晴らしく勉強になりました。安全性や使用方法の説明を受け自信を持ってお勧めしています。

リボス天然塗料(畳ベッドK・P・A・B・C・Eタイプ オプション)

ビーチ色
黄色っぽい雰囲気になります。明るい色です。
チーク色
明るい茶色です。
ローズウッド色(タモ集成材のみ)
一般的な濃茶です。
ウォールナット色(タモ集成材のみ)
上記のローズウッド色より黒っぽい茶色です。

着色オプションは下記の中でお選びいただけます。
但し、ひのき集成材にローズウッド色・ウォールナット色は塗装できません。ご希望の場合、ひのき集成材をタモ集成材に変更することで塗装が可能です。

色については撮影時の条件や、 ご覧になるモニターによって異なりますので、実際の色とは多少違って見えます。

ウレタン塗装(畳ベッドMタイプ・スギドコ・オーダーベッドなど)

ウォールナット色とローズウッド色を当社オリジナル色に調合して在庫をしています。家具店などでよく見られる一般的に使われている塗装で、仕上がり重視されるお客様にお勧めです。有害物質であるトルエン・キシレンは含みません。 乾燥後は、有害物質も放出しません。F★★★★

拭き漆仕上げ(畳ベッドI・Jタイプ)

拭き漆仕上げライト
拭き漆仕上げダーク

畳ベッドIタイプJタイプは、飛騨の職人が、拭き漆の技法で丹念に仕上ます。もちろん漆は天然素材ですから、自然でいて高級感のある仕上がりとなります。
仕上はライトとダークの2種類となります。
商品の到着後は下の見本より濃くなります。これは仕上げの際に漆が空気に触れることにより酸化して一旦濃くなる天然漆の特性です。しばらく使用していると徐々に本来の色になります。
漆については、ナラ無垢材のみの対応になります。 「漆調仕上げ」などの表記は化学塗料の可能性がございます。

畳ベッドのフレーム材は?

よく使用する材料

ひのき集成材 タモ集成材
写真
ひのき集成材
タモ集成材
拡大
ひのき集成材 木目
ひのき集成材 木目
産地 岐阜県・長野県 ロシア
用途 住宅用柱
建具(住宅用階段・格子戸)
家具(テーブル・収納など)
バット・ラケット
材質 産地によって価格差がとても大きい。温暖地の桧は大きくなるまでが早く、比較的安く流通しています。産地を明記していない桧は、この場合が多い。長野県・岐阜県の桧は、冬の環境が厳しく育つまでに長い年月が必要です。そのため、密度の高く丈夫で、含まれる精油も多くなります。この桧を木曽桧・東濃桧と呼ばれ、高級材として全国へ出荷しています。また、長年使用したときの色や風合いがいいとされています。弊社のベッドは、この材料の中でも節のない最もいい材料を使っています。 とても丈夫で加工がしやすく、流通量も多いことから一般的な高級家具に使われることが多い。また、堅くて弾力性のある材料ですので、野球のバットの材料として有名です。そのほかにラケットやスキー板の芯材として使われています。日本では北海道に多く育っています。
仕上り 仕上がりは、素朴でやわらかい雰囲気になります。 一般的な家具の雰囲気です。触った感じもとてもしっかりしています。
塗装 岐阜県産の桧はもともと、きれいな色です。お部屋とのバランスもありますが、クリア塗装がお勧めです。着色の場合は、多少の塗りむらの可能性があります。 クリア・着色と問題ありません。
価格 いろいろな集成材の中でも、桧集成材は高く、さらに弊社の材料は岐阜県産のひのきを使ったとても良質な材料です。 ひのきに比べると安くなりますが、丈夫な材料としてよく使われます。
商品

その他の材料

楢(なら)のムク材 杉(すぎ)のムク材
価格 高級家具の定番の材料として使われています。とても丈夫で長く使っていただく家具に向いています。 家具に使用している工房は少ないですが、独特の木目と板厚を5cm以上にすることにより、強度と重厚感を増すことができます。材料は飛騨高山の杉です。
仕上り とてもきれいな仕上がりになります。 浮作りと呼ばれる加工をしますので、和風のイメージになり、また板厚を40mm以上を使うため重厚感があります。
塗装 自然塗料・ウレタン・漆と何でも塗装できます。 ウレタンをお勧めしていますが、ナチュラルなイメージをお好みの場合は自然塗料も可能です。
商品
畳表についてはこちら